One of TAMBOURINES

psalm150.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

インフルエンザの功名

先週日曜日の夕方から息子が発熱、
翌日の診察でインフルエンザA型と診断、中耳炎のおまけつきで。
さらには学級閉鎖、30人中10人欠席とかで。

まずは、抗インフルエンザウイルス剤、リレンザにより
翌日には解熱、大事に至らず。
(ただし、このリレンザ、効果の分だけ得体知れぬコワさが・・・。
 奇行、うわ言、目が離せなかった。042.gif

それはそうと、解熱後は、持て余した時間を
何に使おうか・・・、と思案するまでもなく
工作にハマる彼。013.gif
材料は家のあちらこちらから収集、鼠のように。


「できた!」
e0105130_17222951.jpg

















しばし、ビー玉一人サッカーに興ずる。
e0105130_17235782.jpg















続いてはこちら。
e0105130_173115.jpg













さらに火がついたように、割り箸鉄砲を3丁。
ちなみに彼の工作好きは、母譲りでないことは確か。
017.gif一緒に作ったこともほとんど、ない。
今時のゲームをあえて買い与えないことが
そうさせているかどうかは定かではないが
ある生活団卒業生のお兄ちゃんは、
「みんな」が持っているベーブレードを買ってもらえず、
4年生の時にとうとう厚紙で作ってしまった。
005.gifそれも、ホンモノさながら、ちゃんと回るやつを。

子供の手は、小さくても、色々な物を生みだすことができる。
すばらしい力を皆、与えられている。
子供の内側に秘められている力は
まさに宝の宝庫、創り主からの贈り物。
使えば使うほど、驚くほど色々なことができるようになる。
でも、使わなければ、それは地に埋められたまま。

ゲーム自体がダメとは思わないが
指1,2本だけの操作で、何かを支配できてしまう快感が
その宝物に蓋をしてしまっているとしたら
随分もったいないことではないか、と思うのだ。
目覚ましい成長を遂げるこの時期だからこそ
たくさん手を使おう、身体を使おう、
そして友達と一緒になって心を使おう。
なぜなら、どこかの大人が作り上げた架空の世界よりも
目の前の実体が教えてくれることの方が
はるかに豊かなのだから。



子よ、こんな母を恨むでないぞ~~。006.gif
[PR]
by tmbrs-3 | 2011-02-25 17:46

玉手箱?

ちょっと探し物があって、クローゼットの奥を見ていると
出てきた、出てきた、お宝が。
思わず探し物そっちのけで玉手箱の紐をとく・・・。

e0105130_15102829.jpg
「ザ・タンバリンズ日記帳」と記されたノート3冊と
分厚いクリアブック。
ノート1冊目の表紙には日付(’97.8.16~)と、
その頃マネージャーをしてくれていた夫の名前が。
中身を見ると、初CD制作にむけての計画案のあれこれと
当時、東京・札幌と離れ離れになっていた、タンバリンズを結ぶ
「タンバリンズ通信」なるファックスによるやりとりが、
そのまま添付されている。(最終受信日付’99.10.25.)
(Sayoから送信されたものは当時の「感熱紙」によるため、
 インクがあせてしまい現在解読困難!)


最も驚いたのは、そのやりとりの多さと内容の濃さ。
当の本人すらすっかり忘れていた。
e0105130_1543283.jpg









離れていた時間は、空白ではなかった。
むしろ距離を置いたからこそ、大切に育み合うことのできた
かけがえのない時間だったのだ。

思いがけず、今、改めてわかったこと。
[PR]
by tmbrs-3 | 2011-02-23 16:18

デザート作り

夕食後、気分が乗ると息子はデザートをアレンジして
家族みんなにふるまってくれる。
冷蔵庫やら、戸棚にあるものを”適当に”アレンジするのが
楽しいようだ。
出来上がるまで、どんなものが出てくるか、誰もわからないのが
またお楽しみ。037.gif

ジャーン035.gif

e0105130_214847100.jpg


[作り方]byみちお
カステラを細かく切り、
生クリームとマシュマロをあしらえ、
トッピングに六花亭新発売のフレーバーチョコ(カラフルな丸)などお好みで
[PR]
by tmbrs-3 | 2011-02-18 21:56

わかさぎ釣り 完

マコトひとり寒空の下に残すリタイヤ3人組。
「これって、温泉をありがたくするためのイベントか?」
と、まっちゃん。
さもありなん。
館内に戻って凍えた体をソファに埋め、しばしうたた寝。014.gif
息子はチョロチョロ館内探検。

1時間くらい経ったろうか、戻ってくるマコト。
流石にリタイヤか。と思いきや
「ちょっとトイレ」011.gif
再び氷上へ消えていく・・・。
ウソでしょう?024.gif
今度は息子もおじさんの様子見がてら・・・。

さらに1時間。
戻ってこない二人。
一体どんなことになってることやら。
ちょっくら偵察に・・・。

そこには!
e0105130_1710173.jpg


孤高なオーラすら漂わせている二人の姿があった。

そして、な・なんと!!
e0105130_17293773.jpg


粘り勝ちぃ!072.gif072.gif072.gif

晴れて全員温泉にありつけたのであった。
めでたし、めでたし。
058.gif058.gif058.gif
[PR]
by tmbrs-3 | 2011-02-17 17:32

わかさぎ釣り Ⅲ

手は糸ミミズちゃんの赤い体液で、まるで血だらけ。
やっとの思いでスタート地点に立った。
008.gif
e0105130_11165776.jpg

ここまでで30分は経過しているだろうか。
竿を小さく上げ下げしながら(エサが生きているように見せかけるらしい)
待つこと1時間。
収穫ゼロ。
周りに目をやると、早くもあきらめて「直立押し相撲」に白熱する若者たち。
そんなにさわいじゃ、わかさぎも逃げるべさ~。

そう思いつつも軽装備のまっちゃんと私は、体の芯まで冷え切り
早くも忍耐の限界到達。033.gif
そんな我々を苦笑いでかわすマコト。004.gif
別な場所に穴を開け、素手で氷を取り除く!
流石は元釣り吉、志が違う。
「釣れるまでは帰らない」が流儀?!

そんな彼をあとに、後ろ髪、まったく引かれずに
退散!
e0105130_1123725.jpg



つづく・・・。
[PR]
by tmbrs-3 | 2011-02-16 11:37

わかさぎ釣りⅡ

寒さを舐めていた・・・。
スキーもここ10年以上行っていないし、
だいたい冬に野外でじっとしてる、なーんてことは普通ない。
装備に抜かりあり過ぎた。008.gif
さらには、ここ新篠津、札幌からそんなに離れていないのに
何だ、この凍てつき具合は?
そう言えば来る途中、札幌にはなかった「樹氷」を見た。
震えながら思い出したのは
あいの里教育大の先生が言ってたことば。
「この界隈は実は天気予報に出ない低気圧があるんですよぉ。
 石狩湾から当別、江別に抜けていく。
 天候も気温も積雪量も他と違って、それで電車がよく止まるんですねぇ。」
恐るべし、低気圧。
e0105130_16271818.jpg


そんな中、素手でほっそ~い糸ミミズちゃん(体長1~1,5センチ)を極小針につけなければならない。
おまけにマコト以外は釣りのど素人。
糸ミミズなんて見たことすらない。
追い打ちをかけるように、寒さで指先の感覚がマヒしてくる。
一竿につき5カ所ある針になかなか引っ掛かってくれない。007.gif
初っ端からテンション落ちまくり025.gif
結局、元釣り吉がやってくれた。

つづく・・・。
[PR]
by tmbrs-3 | 2011-02-15 16:52

わかさぎ釣り

弟・マコトが息子をわかさぎ釣りに誘ってくれた。
ちょうど夫・まっちゃんも帰っていたので結局親子3人一緒に。
札幌から車を走らせること小1時間。
石狩郡新篠津というところの、しのつ湖という沼?の畔に
「道の駅」が最近建ち、そこの冬季企画で温泉とのセットになっていて(大人1300円・子供700円)
ワカサギ用釣りざお(極小)と仕掛け、エサ(糸ミミズ)、小バケツ、イスなどを貸し出してくれる。
e0105130_21474991.jpg

ここからすでに氷の上。
いかにも「氷」を想像していたが、言われなければまったくわからないほど。
これはわかさぎ釣り用テント。
なんとストーブもあっていかにも快適そう!
しか~し、こちらは宿泊客優先。015.gif
我々日帰り組は・・・。

e0105130_21502429.jpg

ちなみにずーっと向こうまで全部氷。
まずは手動のドリルで氷に穴をあける。
氷の厚さは2~30センチといったところだろうか。
こんな氷の下に魚が生きているのかと思うと
改めて驚きだ。

e0105130_2275765.jpg



さて、”楽しい”ワカサギ釣りが始まった。026.gif
つづく・・・。
[PR]
by tmbrs-3 | 2011-02-14 22:18

こどものための音楽会

札幌友の会では、毎年「こどものための音楽会」を開催している。
今年は43回目。と言うことは43年前から毎年続いているのだ。045.gif
「子供に本物のオーケストラを聴かせたい」という願いを受け継ぎ今に至っている。
私が初めて聴きに行ったのは、小4のとき。
絵日記にその証拠が残っている。
e0105130_1033932.jpg


この時の記憶は鮮明にあり、特に印象に残った「ペルシャの市場」を
帰ってからレコードで何度も聴いては情景を思い描いていたっけ。026.gif
当初は予算の関係でアマチュア楽団に依頼していたようだが
ここ数年は札幌交響楽団で、指揮者のトークも楽しく,
楽器紹介や、子どもたちの参加などもプログラムされ
子供から大人まで十分に楽しめる内容になっている。043.gif

是非お友達を誘ってお出かけくださいね036.gif
 
日時;2011年4月2日(土)  open 13:30 start 14:00
場所: kitara 大ホール (地下鉄南北線/中島公園駅・幌平橋駅)
入場料: 前売 2000 円 (当日券あり)
      (札幌友の会、キタラ、4プラ、大丸藤井セントラル・各プレイガイドにて取扱い中)
主催; 札幌友の会  札幌市中央区北3条西23丁目  tel;011-612-5935
後援; 札幌市・札幌市教育委員会
  ※子供は新一年生から入場できます。


e0105130_10225895.jpg

[PR]
by tmbrs-3 | 2011-02-10 10:29

道新「子育て」欄

北海道新聞の「子育て」欄に、「札幌友の会子供部」が連載で
記事を書かせてもらっている。029.gif
(生活団もこの札幌友の会に属している)
「子育てワンポイント」ということで「家での遊び」について。
本日2月8日(火)の記事は、並んで「雪遊びの特集」も組まれていて
雪遊びする生活団の子供たちの写真と母たちによる実践例も載っているので
よかったら見てみてくださいね。058.gif

ちなみに記事の「雪中サッカーをしながらアイスクリームを作る」方法を
紹介している「三浦さん」は、このもブログにもupした生活団母友。
(1月の「新春ソリすべり」で)
実は数年前、彼女の提案でこのアイスクリーム作りは
みんなで実践済。
楽し・美味しい企画、是非お試しあれ!072.gif

034.gif作り方
 ①密閉ビニル袋に生クリーム1pと砂糖50gを入れ
   口を閉じさらにガムテープなどでしっかり留める。
 ②レジ袋などに雪と塩をたっぷり入れて混ぜ合わせる。
   (注意!とても冷たくなるので素手で触らぬように!)
 ③ ②の袋の中へ①を埋めるように入れ、しっかり口を閉じる。
 ④ ③を新聞でくるんでから、ガムテープでぐるぐる巻きにし
   ボールにする。

 あとはこのボールで子供が小一時間雪中サッカーすれば極上アイスの出来上がり053.gif
[PR]
by tmbrs-3 | 2011-02-08 18:30

老化

「先生、白髪ヤバいよ、目立ってきたよー」
あんたたちのせいだからねー。044.gif
「えー、なんでー」
言うこと聞かないからでしょー。013.gif
「そんなことないじゃーん、ねー、先生染めなー」
絶対染めないよっ、真っ白になってやるぅ021.gif

ま、半分冗談として。
にしてもここんところの白髪の増殖(とは言わないか)ぶりはスゴイ、メッシュかっていうくらい。
かと言って、一度染めたら半永久的に続けねば、と思うと
不精者にとっては二の足を踏むところ。
この際どこまで増え続けるのか見届けてやろう、なんてね011.gif

でもそれ以上に来てるのが、「老眼」
20代で受けた視力検査では、確かに宣告されていた。
目が良いので老眼は早いだろう、と。
いまだに裸眼1.5あるし・・・。
新聞を読むとき、聖書を読むとき、文字を読むときは無意識に45~50センチは離している。
それ以上小さい文字は、精神衛生上読まないことにしている。


白髪にしろ老眼にしろ、具体的な「老い」を
これからもっともっと体験させられていくのだろう。
そうやって色々なことができなくなっていくのだろう。
だけどそのことに悲壮感はない。
それまで無意識に「自分でできている気になっていた」ことが
そもそもそうではなかったことに、いちいち気付かされるのだろう。
そうして、それまで与えられていたことに、もっと感謝することができるような気がしている。
当たり前にできているときは、わかろうともしなかったことや人に
もっと寄り添うことが、できるようになる気がする。
[PR]
by tmbrs-3 | 2011-02-07 18:33

タンバリンズのVocalから


by tmbrs-3
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite