One of TAMBOURINES

psalm150.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧


e0105130_17501913.jpg

今から33年前、1年間滞在していたオーストラリアでのスナップ写真。
後ろに映っている友人Cathyが、「見つけたよ」と言って数週間前に送ってくれたのだ。




当時は今のようなオーストラリアへの留学制度もなく、
両国互いに何も知らないような関係だった。
そんな中、留学に至ったのは母方の親戚が住んでいたから。
従姉妹間での交換留学というわけだ。
当時私は12歳、英語の予備知識はほとんどなく
なんと大胆な選択をしたものか、と思う。
私、というよりは両親が。


e0105130_17491681.jpg












1年間通った学校は、地域の私立カトリック女子校。
日本人はひとりもいなかったが、それでも自然に友達ができた。
中でもCathyとは、内面的な深い友情を育むことができた。
それは、今思うと不思議としか言いようがない。
言葉を越えて互いに通じ合う何かがあったのだろう。
私の英語の未熟さにもかかわらず
「赤ん坊は考えることができるか否か」などと討論したのを思い出す。

多感なこの時期を 親元離れて1年間無事に過ごせたのは
親友の存在があったから、と今言うことができる。
心を通わせられる友の存在は、まさに神様からの贈り物だった
と、しみじみ思い返している。



その友と、先日再会することができた。
つづく
[PR]
by tmbrs-3 | 2011-01-28 18:36

寒さが作り出すもの

e0105130_18263339.jpg













今年は冬らしい冬で私は喜んでいる。
冬に生まれたからか、この「深まる」時季が好き。
あちこち動き回らずとも、閉ざされた空間の中で
手近なところで小さな幸せみつけながら
内側が静かに深められるこの時季が。


窓からの景色。
[PR]
by tmbrs-3 | 2011-01-25 18:27

冬休み明け

北国の冬休みが明けた。
高校・中学の順に始まり、先週から小学校も。
e0105130_22211810.jpg







上靴も洗って、準備完了!心機一転019.gif
大人もそうありたいものだなぁ・・・。015.gif
[PR]
by tmbrs-3 | 2011-01-23 22:25

あいの里から

「教員免許更新講習」付録の巻029.gif
この日(1週間ほど前)はJRや高速も止るほどの大雪。
ちなみにこの日私が使用した路線(JR学園都市線)だけど、
今日の報道によると、昨日の吹雪で踏切にトラックが立ち往生し
ストップした電車が、その間線路に降り積もった雪のため身動きできなくなり、
乗客は3時間缶詰め022.gifだったそう・・・。
e0105130_22145916.jpg












これは大学の敷地内。
夕方には雪もおさまり、それぞれ帰路へ。
安堵の後ろ姿。
e0105130_22164717.jpg











e0105130_22172674.jpg

















なんとも美しい・・・。
雪国ならではのこの色合い。
神様の粋な計らい。
e0105130_2219048.jpg
[PR]
by tmbrs-3 | 2011-01-18 22:25

ちょっと言わせて!教員免許更新制度

もう1週間ほど前のことになってしまったけど
教員免許更新講習の受講がこの冬やっと終了した。042.gif
以前このブログにも書いたことがあるけど、数年前にできたこの制度
教員免許に10年間の期限を設け、更新するためには大学などで、計30単位(必修12、選択18単位)
(朝9時~5時までの講習を計5日間)とらなければ失効する、というもの。
しかも受講料(¥30,000)プラス諸経費一切自己負担ってどう?
それも何から何まで自分でネットで調べて手続き(結構これが大変)
せめて、期限切れ通達くらいはしてよね~。
これじゃぁ知らないうちに失効する人絶対いるよ~。025.gif

自民党から民主党に政権が移されたことで、一度は廃止方向となったものの
昨年夏の参院敗北で法改正の見込みはなくなってしまった。002.gif
講習は夏季と冬季の2期間となっているが、昨年夏までは
制度自体どうなるかという風潮の中、受講人数も定員の半数ほどだったのが
一転存続の方向が強まった今冬季は、受付開始(ネット受付昨年10月)後
5日間で定員が埋まってしまったそう。(1/13北海道新聞記事による)
ちなみに私は珍しく受付開始日に手続き完了していたが、そんな事態になっていたなんて。
今更ながら知ってゾッとする・・・。
定員オーバーで受講できなかった人たちは、この2月開講の通信講習を受けるしかないそうで
道内からすでに160人の申し込みがあるとか。
その方々は通常の勤務に加えての受講ということだよね・・・。
そういえば、私と同じ講習受講者の中に神奈川県は小田原から005.gifという方もいて、
なんでも、関東地区開設校では選択講習にすでに空きがなかったとのこと。

受けてみて感じるところ色々だけど、ひとつには
「勉強するのに時がある」ということ。027.gif
40代半ばも過ぎて丸1日の受講にはツライものがある・・・。
頭がすぐに飽和状態015.gifになってしまう。
にしても知識の一方通行受講スタイルはなんとかならないものか。
もうちょっと効果的な時間の活用法もあると思うんだけど014.gif

それはともかく、ほっと一息はやっぱりお昼の時間。001.gif
道教育大札幌校「学食」で食べた人気メニュー「ピリカらーめん」(¥360)が
そんな色々を緩和してくれた。
ほんの束の間だったけど・・・。044.gif

e0105130_12424161.jpg
[PR]
by tmbrs-3 | 2011-01-17 12:44

屋根の雪下ろし

雪が降って楽しいことがいっぱいある!024.gif
と思うようにして、吹雪の合間の晴れ間めがけて屋根の雪下ろしにかかった。
最近の北海道の住宅はスノーダクトという、屋根に積もった雪を徐々に
溶かしながら流して除去するタイプになっている。
(トタンの三角屋根が減ってツララも見なくなった)
が、我が家は古いタイプのせいか、うまく機能していない。
降った雪は積もりっぱなし。
e0105130_118757.jpg












窓をそーっと開けて、まずは通路確保!
e0105130_1185779.jpg











さらに頂上に向かうハシゴから
e0105130_1110238.jpg










屋根のてっぺんからの風景。ここを渡ってさらに反対側の窓へ移動、雪下ろし。
e0105130_11155485.jpg









日が暮れてしまったわぃ。042.gif
e0105130_11175765.jpg
[PR]
by tmbrs-3 | 2011-01-15 11:26

青い除雪機

雪・雪・雪・・・。
近年にないほどの豪雪。
高齢の両親と同居の私は、ここのところ除雪三昧である。
しか~し!私には強い味方があるのだ066.gif
その名も「ゆっきぃ010.gif」(ヤマハの小型除雪機)
従来のキャタピラー付のごっつい除雪機は操作が難しそうで、手が出ないけど
これなら私の右腕になってくれる。ソリ付で操作もかんた~ん060.gif

e0105130_16395130.jpg









小型だからお値段もぐっと手頃。(と言っても購入したのは両親だけど011.gif
e0105130_1643058.jpg








ご用命はヤマハ専門店「コンセプト札幌」中央区北4条西19丁目1-4
お電話011-614-2608(定休日/水)まで!
点検・修理も専門店ならではの腕利き066.gif店主までどうぞ。
e0105130_16441482.jpg
[PR]
by tmbrs-3 | 2011-01-13 17:00

かぞくのじかん

東京単身赴任中のまっちゃんが、年末年始帰ってこれた。
大喜びの息子、朝は一緒に雪かきして近くの公園でスキー、
昼間はお部屋で工作、夜はトランプやゲーム(と言ってもDSやWiiは我が家にはない)
そんな二人を見てうれしい私。


e0105130_11532489.jpg














e0105130_1032196.jpg

何気ない日常の中にあるたくさんの恵みを
数えられる心を持ち続けよう。
[PR]
by tmbrs-3 | 2011-01-12 10:40

新春ソリすべり

年末までの雪不足が嘘のよう、この一週間の豪雪ぶりはたまげたもんだぁ。005.gif

札幌市内中央区で個人バイク屋を営んでいるわが弟の
冬季メイン収入源である除雪機(YAMAHAです、よろしくお願いします040.gif)が一台も売れず
嘆きに嘆いていたのは大みそかの晩。
これまでの雪不足による深刻な財政難に苦しむ方が他にもどれほどおられたことか。
これほどまでに文明が物を言うかの時代、雪一つ降らせることのできない我々、である。
すべては神のなさること。
雪一つに神のわざをみた。

さてさて、もう数日前のこととなってしまったけど
息子の生活団同窓母子の新年会がありました~。
視界もあやしい猛吹雪の中、西区の農試公園野外にて。
3家族から悪天候により参加できずとの連絡もあり。
それでも集まった母子たちで楽しく(?)ソリすべりすること小一時間。
真っ赤なほっぺで帰って来る子供たち031.gif
(年長者の私は貴重品係と称して室内でストレッチ044.gif

その後、近くのMさん宅にてみんなでお昼058.gif
成長期真っ盛りのお兄ちゃんたちも一緒に。
e0105130_18304071.jpg









メニューはMさん特製の豚汁(仕込みは前の晩から。味噌は自家製。美味しかった~053.gif)と
e0105130_1831133.jpg














それぞれが持ち寄った逸品!
e0105130_18314515.jpg











母も子も寝食を共にしたと言える仲間たち。
卒業後は互いに「それぞれの道」まっしぐら、にもかかわらず
集まれば瞬時にあの日に戻れる仲間たち。
e0105130_18321592.jpg






お互いに、良いことも悪いことも分かち合える友。
真実を語りあえる友は一生の宝物。
[PR]
by tmbrs-3 | 2011-01-10 20:10

最初のクリスマスのお話 パート5(聖書から)

今日は久しぶりに冬らしい天気。猛吹雪。031.gif
やっぱりこうじゃなくっちゃ。
年が明けてしまったが、クリスマスシリーズ最終回の聖書の記事は以下の通り。


イエスが、ヘロデ王の時代に、ユダヤのベツレヘムでお生まれになった時、
見よ、東方の博士たちがエルサレムにやって来て、こう言った。
「ユダヤ人の王としてお生まれになった方はどこにおいでになりますか?
 私たちは、東のほうでその方の星を見たので、拝みにまいりました。」
それを聞いて、ヘロデ王は恐れ惑った。
エルサレム中の人も王と同様であった。
そこで、王は、民の祭司長たち、学者たちをみな集めて、
キリストはどこで生まれるのかと問いただした。
彼らは王に言った。
「ユダヤのベツレヘムです。預言者によってこう書かれているからです。
 『ユダヤの地、ベツレヘム。
  あなたはユダを治める者たちの中で、
  決して一番ちいさくはない。
  わたしの民イスラエルを治める支配者が
  あなたから出るのだから。』」
そこで、ヘロデはひそかに博士たちを読んで、彼らから星の出現の時間を突き止めた。
そして、こう言って彼らをベツレヘムに送った。
「行って幼子のことを詳しく調べ、わかったら知らせてもらいたい。
 私も行って拝むから。」
彼らは王の言ったことを聞いてでかけた。
すると、見よ、東方で見た星が彼らを先導し、ついに幼子のおられる所まで進んで行き、
その上にとどまった。
その星を見て、彼らはこの上もなく喜んだ。
そして家に入って、母マリヤとともにおられる幼子を見、ひれ伏して拝んだ。
そして、宝の箱をあけて、黄金、乳香、没薬を贈り物としてささげた。
それから、夢でヘロデのところへ戻るなという戒めを受けたので、
別の道から自分の国へ帰って行った。
 

 終

e0105130_1321287.jpg









生活団母友手作りのシュトーレン053.gif
e0105130_1322159.jpg
ふわふわの雪に包まれた宝物みたいでしょ。056.gif
[PR]
by tmbrs-3 | 2011-01-06 13:32

タンバリンズのVocalから


by tmbrs-3
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite