One of TAMBOURINES

psalm150.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

最後の晩餐

「受難週」に入った。
キリストが十字架刑に処せられる受難を覚える一週間。

ところで、苦しみを受ける前に、キリストが弟子たちと共にした最後の食事
それがいわゆる「最後の晩餐」である。
「過越しの食事」(=Passover)、ともいわれる最後の晩餐はどのようなものであったか。

旧約聖書の時代、神の民イスラエル人は
長い間エジプトで囚われの身となっていた。
神はリーダーにモーセを立て、民を解放へと導こうとしたが
エジプトの王パロは、それを拒んだ。
神はモーセを通して何度もパロに警告を与えてはエジプトにわざわいをもたらした。
それでも心を頑なにするパロに対して、最後に与えられたわざわいは
エジプト中の初子(それは家畜に至るまでの)は皆死ぬ、というものだった。
イスラエルの民には、エジプト人と区別するために
このわざわいが過ぎ越す(=pass over)しるしとして神が示されたものがあった。
それは家の門に、ほふられた子羊の血を塗ることだった。

「わたしはその血を見て、あなたがたの所を通り越そう。
 わたしがエジプトの地を打つとき、あなたがたには滅びのわざわいは起こらない。」(出エジプト記12:13)


(旧約時代、民は自分たちの神に対する罪の代償として
 汚れのない子羊をほふり全焼のいけにえとして神にささげていた)

その夜、神への過越しのいけにえとして食べたのが
ふられた羊を焼き、種を入れないパンに苦菜を添えた食事だった。
この食べ方も、神がモーセを通して民に告げられた方法であった。(つづく)
[PR]
by tmbrs-3 | 2010-03-31 01:44 | Easter

春遠し

3月も下旬。
にもかかわらず・・・015.gif

e0105130_1632194.jpg

我が家の2階から庭を見下ろしたところ。
木々がまだまだ雪深く埋もれている。
2月過ぎから日差しが柔らかになり、春の足音が聞こえていた・・・
はずだった。021.gif
北海道の遅い卒業式も、高校、中学、小学校と次々終え
それぞれの新しい門出を祝う時季。
なのにここのところの毎日の雪。
これじゃあ、飛び立つ気持ちもなんだか萎えてしまいそう。025.gif

何はともあれ、もうすぐ4月!新しい季節!新年度!017.gif
季節を創られた神さまに期待してゆきませう。



♪Narrow daylight entered my room     かすかな日差しが部屋に入って来た
Shining hours were brief             それは一瞬のことだったけれど
Winter is over                      冬は過ぎ去り
 Summer is near                     夏はすぐそこ
 Are we stronger than we believe?      私たち、自分で思っているより強いのかな?

(from"Narrow Daylight"by Diana Krall&Elvis Costello)      (訳詞:かよこ)
[PR]
by tmbrs-3 | 2010-03-18 16:32

タンバリンズのVocalから


by tmbrs-3
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite