One of TAMBOURINES

psalm150.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

工藤篤子チャリティー・コンサート

昨年5月にサイクロンが襲ったミャンマーの復興のための
チャリティー・コンサートに行ってきた。

サイクロンは旧首都ヤンゴンを直撃し、
死者・行方不明者合わせて14万人弱にものぼった。
そのうち3分の1が幼い子供であり、被害者の総数は240万人とも言われている。
農林水産業に従事する国民が7割を占めている国に
このサイクロンが与えた打撃は計り知れない。
そのような状況の中、昨年9月にもサイクロンの襲撃が再度あった。
そのような惨事であるにもかかわらず、軍事政権が支配するこの国には
他の国々からの支援が思うように集められ、届けられていない現状があると言う。
いまだにブルーテントに生活する人々がいることが
それをあらわしている。


ソプラノ歌手・工藤篤子さんは、冒頭にこの現状を簡潔に伝え
1曲目「埴生の宿」を歌った。
ピアノ伴奏は小夜。
静かで、ゆったりと流れるなつかしいメロディ。
私は聴きながら鳩尾のあたりが震えるのを抑えられなかった。


「父なる神の さずけましし
 契約をとわに まもりそだて
 きよき愛もて むつみ合える
 われらの家は いともたのし

 Home, home,
Sweet, sweet home
 めぐみ あふるる 愛の家よ・・・」

どういうことばであらわしたらよいのだろう。
この音楽が私を包み、いえ、音楽を通して神が私を包み
私はその中になんとも言えない安らぎを感じたのだった。


コンサートに二人の方をお誘いした。
私にとって人生の大先輩たち。
帰り道三人で、気持ちの良い夜風の吹く中歩きながら分かち合った。

「あの方の声には、他のプロの歌手が持つ
 自分を誇示するような響きが全くないね!
 すべてを神にささげている響きだね。」
一人の方がそう言った。
私もそう感じていた。
これだけの実力とキャリアがあれば
大抵は余計なものもくっついているものだ。
それはクリスチャンの歌手であっても。
それが、全くない。
それがすごいと思った。

holy
この歌声を一言であわらすとしたら。
そこには個人的な思いを超えた大きな大きなものが
それだけがあらわされていた。


(佳代子)
[PR]
by tmbrs-3 | 2009-05-23 02:33

ゴールデンウィーク

札幌に帰って来てからいろいろ思うことのひとつが
この、「ゴールデンウィーク」というものの日程。
まぁ、この設定に北海道の気候なんちゅうもんは、まったく無視されてますねぇ。
最近でこそ、地球温暖化のせいで随分気温の高くなる日もあるものの
5月初旬なんていうのは、行楽するにはまだまだ寒いのだ。
桜だって咲いてはいるものの、枝でぶるぶる震えてるし
木々もやっと芽吹くころ、見るもさびしい枯れ枝のままのものも多く、
郊外に行っても景色はぱっとしない。
いっそのこと地方ごとに日程を設定し直してくれたら混雑も緩和されるだろうに・・・
なんてこと考えてるのは私だけか?

そうは言っても私たち家族にとっても久々の休暇。
混雑のない札幌近郊で、それなりに楽しみましたけど。

e0105130_22572640.jpge0105130_22574316.jpg


ここはウトナイ湖のバード・サンクチュアリ。
観光エリアから少しはなれたところ。
「こんなところに住めたらなぁ。」→(都会の生活に疲れた夫の声)


e0105130_22583578.jpg


(佳代子)
[PR]
by tmbrs-3 | 2009-05-09 22:59

ヴェーセン・ライブ・ルポ

行ってきました、スウェーデンのトラッド・バンド、ヴェーセン・ライブに。
いやぁ、言葉にならないです。
言葉にしたくない、とも言える。
でも、すぐに忘れてしまう自分自身のために、あえて。

生活団母友3人で行ってきました。
音楽の趣味は、多分全然違うであろう3人が
ライブ終了後は、まったく同じテンションまで持って行かれ
合言葉は「スウェーデンに行こう!」
興奮冷めぬ思い分かち合いたくて、一同琴似の居酒屋へ。
(あ~、せめてもっと洋風の店にすりゃ良かった、とすぐに後悔するも
 オーダーした刺身と納豆天ぷら食べながら、心はスウェーデン053.gif

→今コンカリーニョのブログで知ったんですが、なんと彼らも
ここに打ち上げに来たんですって!あ~長居すりゃよかった007.gif
しかもビデオレターによると同じ刺身オーダーしてるぅ。

何が良かったってすべてよ、すべて。
音楽;伝統音楽でありながら、創造性、独自性に溢れていて
    このジャンルにど素人であろうと、飽きさせないどころか完全に世界に引きこむ。
    繊細さを兼ね備えた、ロック。そんなのありか?
技術;「一流音楽家」とはこう言う人たちのことを言うのだろう。
    最初から最後まで、一寸たりともタガイなく一致している。
    ライブでここまでするって、一体どれだけの個人練習とセッションを積み重ねてきたと言うのだろう??
    三人三様なのは見て取れるほどなのに、まるで一人。なんて気持ちいいの!
    しかも、音に知性とパッション、そして誠実さとユーモアが見事に同居してる。
人柄;内面の大きさが滲み出ている。
    「みんな家庭を大事にしてるんだろうな~」と思わず
    目がハートで言っていたのはMさんよねぇ037.gif
    見た目にも全員が190センチ以上と言うのも驚きだけど。
    演奏の最後に、お客からはまず脚光を浴びることのない照明さんやカメラさんたちに
    敬意を表す心遣いを忘れていなかった、流石。


そしてそして、こう言う企画を札幌でやろう!という冒険を買って出た
「コンカリーニョさん」にも拍手を送りたい。本当にありがとうございます072.gif
キャパ130の会場と言うのが、また絶妙に良かった。
音そのものの響きの面と、それから
興行化されてしまう前の、まさに「音の旬」を捕えた!と言う感じと。


最後に最後に、会場は「満員御礼!」でした!
このブログを見て足を運んでくださった方方にも感謝040.gif

    
(佳代子)
e0105130_23125033.jpge0105130_2313586.jpge0105130_23131789.jpg
[PR]
by tmbrs-3 | 2009-05-01 22:30

タンバリンズのVocalから


by tmbrs-3
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite