One of TAMBOURINES

psalm150.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

alabaster box

CeCeの歌を通して打たれたことが、少なくとも二度ある。
一度目はLamb of God(神の小羊)を聴いた時
そして、二度目はalabaster box(石膏のつぼ)。
彼女のすばらしい歌唱力は言うまでもないが、
何よりも、その歌詞の内容に心を刺し通された。
それは、「ルカによる福音書」にしるされていることだった。


ある罪深い女が、高価な香油の入ったつぼを持ってきて
泣きながら、イエスのうしろに立ち
涙でその足をぬらし、自分の髪の毛でぬぐい
足に口づけして、香油を塗った。

その涙、行為のわけは何だったのだろう。
自分の罪に対する涙であったのかもしれない。
もしかしたら、イエスがこれから十字架への道を歩むことを
悟っての、行為だったのかもしれない。

ところが、それを見ていたパリサイ人(神の律法に精通しているとされていた人)や
弟子たちは、心ひそかにこの女を、その行為を、見下していた。

確かに、この女は具体的な「罪」を犯し、そのことが人々に知られていた。
しかし、イエスは彼らにこう言った。
「この女を見ましたか。
 私がこの家にはいって来たとき、あなたは足を洗う水をくれなかったが、
 この女は、涙でわたしの足をぬらし、髪の毛でぬぐってくれました。」
この罪深い女こそ、そこに居合わせた誰よりも
自分自身を知り、イエスを知っていたのだろう。

イエスは彼女に言った。
「あなたの罪は赦されています。 
 あなたの信仰があなたを救ったのです。
 安心して行きなさい。」


私の石膏のつぼの中には
何が入っているだろうか。
神は、私が大切に、大切にしているものを
自分から進んでささげることを、喜んでくださるのだ。


(Kayoko)
[PR]
by tmbrs-3 | 2008-06-29 01:37

Cece WinansとBorn Again Church Choir

実は私、タンバリンズの活動以外にゴスペルクワイアのディレクターやクリニシャンをしています。
(それが生業です。ちなみにATはドラムが生業です)

先日、東京・渋谷のオーチャードホールで、
東急グループ・東急電鉄主催の音楽イベント「東急ワールドミュージックスペシャルGOSPEL NIGHT」があり、ゴスペルシンガーCece WinansとナッシュビルのBorn Again Church Choirによるライブが行われました。

e0105130_13512212.jpgこのライブについては、いろいろなブログで書かれているのでここでは書きませんが、(興味のある方は、友人わっしぃさんのブログへどうぞ。
-> コチラ
私自身がBorn Again Church Choirとは以前から親交があったので、このライブの企画者のひとりである波多康牧師(ゴスペルクワイアOViC及びゴスペル企画ミニストリー代表)が声をかけてくださり、Born Again Church Choirと共演する日本人スペシャルクワイア(これが本当にスペシャルだった!)のディレクターを務めるため、5/31から1週間を梅雨入りした東京で過ごしました。


e0105130_12483875.jpg仕事がら今まで多くのアメリカのゴスペルシンガーやクワイアとお会いすることがありましたが、Cece Winansのその人間性、音楽性の柔かさ、深さ、広さは想像以上でした。空港でお会いしてから、リハーサル、本番を経て、空港でお別れするときまで、周りに威圧感を与えることなく、どんなときも「キリストの香り」を放つ人であり、それはCeceだけではく、そのバンドもバックシンガーズも、そして同行していた息子(バックシンガーのひとり)や休暇を利用して来日した娘からも感じられ、シンガーとして母として妻として、そして一信仰者として歩んでいる彼女を見せられる思いでした。


e0105130_12485330.jpgまたBorn Again Church(Ceceもその教会員なのですが)のクワイアメンバー(今回は12名のみ)も同じ「香り」を放っていました。以前にも増して親交を深め、また彼らの神に対する誠実で謙虚な姿をあらためて知ることができ、感謝なひとときでした。



この数日間、聖書に書かれている神の聖さ、誠実さ、そのすばらしさを、今一度思わされました。
それと同時に、祈りながら自分にできること、すべきことを精一杯するときに、神がそのことを喜んでくださり、その神の喜びを分け与えてくださるという恵みを、再認識しました。


God is so good.


ただただ、そのひとことです。



「信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないでいなさい。」
(ヘブル人への手紙12:2)


(Sayo)
[PR]
by tmbrs-3 | 2008-06-11 13:48

タンバリンズカフェ

来月、ライブします。
札幌市清田区にある、平岡キリスト教会主催のカフェスタイルライブです。
(写真のケーキはイメージですが、きっとこんな美味しそうなケーキと
 コーヒーを召し上がりながらのライブになるかと思われます)

今回はKayokoが札幌に帰って来て3度目のライブになります。
詳細は、主催の教会の方々が作ってくださったチラシをご覧ください。

お近くにお住まいの方、ちょっと遠い方、(かなり遠い方もよろしければ!)
タンバリンズ初めての方、(よ〜く知ってくださっている方も!)
お時間のある方、(超忙しい方も合間に!)
是非、ご来場くださいませ。
お待ちしています040.gif

(Kayoko)
e0105130_0471356.jpg

[PR]
by tmbrs-3 | 2008-06-11 00:47

タンバリンズのVocalから


by tmbrs-3
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite