One of TAMBOURINES

psalm150.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

着うたフル

タンバリンズは、Sayo以外の2人は「超」のつくほどアナログ人間だ。
ATがブログに登場しないのは、PCを触ることが殆どないからだし
Kayokoはケータイをごく最近まで持っていなかった。
(いまだに自分の番号を記憶しておらず
夫と外で待ち合わせするとき以外、使ったことがない)
そんな我々に「着うたフル」配信のオファーが来たのも
もう一つの、突然降ってきたような出来事であった。

不思議なタイミングだった。
前述の、’05年のコンサート依頼をお受けするに際して
3人で祈るためにKayokoは帰省していた。
ほんの数時間のミーティングと祈りのときだった。
そこで我々が祈った内容は
神のみ(とまっちゃん)が知ることだった。
驚いたのは
その直後のタイミングだったから。
神の前の密かな決意はきかれる、と思った。

e0105130_947183.jpg 以前から交流を頂いている
ゴスペルシンガーの
岩渕まことさんの奥様からだった。
’98年に自主制作したタンバリンズのCDから、との。
リリースからかれこれ7年もたっていて
当の本人たちも忘れかけていたところに、であった。

「あなたは、祈るときには自分の奥まった部屋にはいりなさい。 
 そして、戸をしめて、隠れた所におられるあなたの父に祈りなさい。
 そうすれば、隠れた所で見ておられるあなたの父が、 
 あなたに報いてくださいます。」
 (マタイの福音書6:6)

(kayoko)
[PR]
by tmbrs-3 | 2007-03-07 02:29 | Our history

転機 Ⅱ

タンバリンズにとって3度目の転機は、’05年に訪れた。
メンバーが札幌ー東京と、離れること約10年。
それぞれの生活、仕事、教会の奉仕などに没頭する日々。
「タンバリンズ」は隅へ追いやられ
もはや再スタートする力を失っていた。
そんな中、突然降ってきたような出来事が
H教会の婦人会主催クリスマスコンサート出演依頼だった。

「…できるのか?」
3人は戸惑いを隠せなかったが
それぞれが神に祈り、結局お受けすることにした。
何度かKayokoは帰省し、3人で合わせる時を重ねた。
その度に、長いこと離れていたことから生ずる「ズレ」に困惑させられた。
が同時に、一つにされることを祈る中
見出した豊かさもあった。
そのようにして徐々にではあるが
互いの成長を喜ぶことができるようになっていった。

さらに、練習のため10月に帰省していたことが
H教会の創立50周年記念祝会での演奏へと導かれた。
思いがけないプレゼントであった。
この機会によって、タンバリンズがどこから来たのか
もう一度自分たち自身、深く確認させられることとなった。
思えば出会った頃は、単なる好みの一致で気の向くままに
自己満足の世界を共有していたような者たちである。
それが、神を賛美する「ゴスペルバンド」に変えられたのだから。

かつてH教会で産声をあげたこのバンドが
年月を経てその故郷に戻され、再スタートする力を得た。
タイムリーに与えられた聖書のことばが
最後の後押しとなった。
もうひとりの恩師Ha.師のメッセージからだった。

「権力によらず、能力によらず、わたし(神)の霊によって。」
 (ゼカリヤ書4:6)

(kayoko)
e0105130_132231.jpg

[PR]
by tmbrs-3 | 2007-03-03 02:48 | Our history

タンバリンズのVocalから


by tmbrs-3
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite