One of TAMBOURINES

psalm150.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:未分類( 329 )

独りカフェ

ゆっくりしたくて、独りカフェ。
この時間が最高に贅沢。
e0105130_16574177.jpg


このカフェは何年振りに来たろうか。
ゆっくり流れるカフェの時間。
Chet Bakerはやっぱりいいな。
家に帰ったらかけてみよう。

それにしても周りは女子同士ばっかり。
(まぁ、よくしゃべること)
あ、私も女子か。

e0105130_16585310.jpg


ここは、古民家を改装したカフェ。
こんな家に住みたいな、と思いながら、
実際に住んだら、すっごく寒いだろうな。


e0105130_16595023.jpg


大好きなフレンチの深入り。
e0105130_1701964.jpg


あ~、のんびりした。

よし、と。
[PR]
by tmbrs-3 | 2013-02-25 17:11

雪のトンネル

それにしても、今年の冬は雪が多い。
初雪こそ遅かったものの、そのあと、ずっと豪雪。
そのうち雪に埋もれるんじゃないかと思うくらい。
e0105130_21441154.jpg


こうやって、見ている分にはとても美しい。
雪の降らない地方の方にとっては、きっと絵葉書のシーンのようなのでしょう。
これは、ほんの近所の遊歩道の景色。

e0105130_21443611.jpg


確かに、美しくはある。
けれども、美しさには反面があるものだ。
逆も然り。
反面がなければ美しさもない、とも言えるな。
それも知った上で、北海道人は雪と共存しているのだ、と思うこの頃。
e0105130_21445342.jpg

[PR]
by tmbrs-3 | 2013-02-22 21:53

続・氷のアート

寒いのはうれしくないけど…
e0105130_1815128.jpg

その時にしか見えないものもある。
e0105130_18153888.jpg

同じ場所であっても。
[PR]
by tmbrs-3 | 2013-02-18 18:17

氷のアート

2月の札幌は、まだまだ雪の中。
10年前の2月、東京で息子を出産した時は、梅が開花してたっけ。
国が違います、国が。
e0105130_21462329.jpg

氷のアート。まだまだ寒いです。
e0105130_21471243.jpg

[PR]
by tmbrs-3 | 2013-02-15 21:51

あったかい贈り物

今年の寒波は半端じゃない!
初雪こそ遅かったものの、そのままいわゆる根雪になり
そのあとも、降るわ降るわ。
おまけに近年めずらしいくらい、寒い!
朝夕ガラスには氷のアート、シバレル!

でも、寒いからこそ人の想いの暖かさがうれしいのもこの時季。
病気の父を想って、教会の学生姉妹が作ってくれたリース。
父は泣いて喜んでいた。
e0105130_234428.jpg


そして、こちらは毎年友人が手作りしてくれる、シュトーレン。
お互い忙しく、すれ違う中
わざわざ届けに来てくれた!宮の沢から。
本当に、ありがとう!
e0105130_234297.jpg

[PR]
by tmbrs-3 | 2012-12-26 23:14

藻岩山ロープウェイ

3週間くらい前だったか、新しくなった藻岩山ロープウェイに乗ってみた。
札幌市報にクーポン券をみつけて。
紅葉はほとんど終わっていたけれど、今思えば最後の秋晴れだったかもしれない。
素晴らしい空と山々と、そして市内の街並み。
札幌はこうしてみると、すばらしい都市だなぁ。
e0105130_233099.jpg

いぇぃ!
e0105130_23302788.jpg

今年もクマ騒動で登れなかった藻岩山、来年は登れるかな?
[PR]
by tmbrs-3 | 2012-11-27 23:38

病院で誕生日

去る11月4日は、私の母の誕生日。
今回ばかりはいつもと様子が違った。
その10日程前から入院していた父の病院のディルームに
家族が集まり、妹が用意してくれた握り鮨とケーキでお祝いした。
スイスの可愛いケーキ。
e0105130_1215417.jpg


父が異常なまでの数値で末期がんを宣告されてから
7年以上経っただろうか、ここまで神様のゆるしのうちに生かされている。
が、10月の終わりに急激に全身に痛みの症状が出て、
自力で歩行することも、脱衣することもできなくなってしまっていた。

多くのお一人お一人のお祈りと神様の憐れみのゆえに
治療と薬が効き、その後退院し
現在では、また日常生活が自力でできるようになっている。
いよいよ天国が近づいた、と覚悟はしていたが
神様がこの世での生活を、もう少しして良いと言ってくださった。
ここ、「幕屋」での生活を。

「私たちの住まいである地上の幕屋がこわれても、
 神の下さる建物があることを、私たちは知っています。
 それは、人の手によらない、天にある永遠の家です。」
     (Ⅱコリント5:1)

[PR]
by tmbrs-3 | 2012-11-19 12:26

散り際

今年は、9月になっても猛暑日が続いたため、例年より紅葉が
遅れている。
e0105130_21442568.jpg

これは、先々週のナナカマドの実。
葉はまだ青い。

e0105130_21445666.jpg

これは、今日の家の前のもみじ。
毎年恒例のことながら、どうしてこんなにも美しいのかと感動すらする。

新緑の初々しさや
力みなぎる青葉の勢いもさることながら
木々の葉は、秋の散り際が最も美しい。

赤く染まった葉に重ねて思うのは、
神を愛する人の人生の最期も、きっとそうなのだろうということ。
散り際をこんなにも美しく彩ることのできる
神様の憐れみと恵みの深さゆえに。
[PR]
by tmbrs-3 | 2012-11-01 21:45

ある日ある場所 続き

顔煉瓦。
e0105130_22545199.jpg


トイレの小窓からの風景。
e0105130_22551170.jpg

[PR]
by tmbrs-3 | 2012-10-21 22:56

ある日ある場所で

古民家を改装したカフェをみつけ
e0105130_19341199.jpg


父と子乾杯の図
e0105130_19343039.jpg


入口には薪が積まれ
e0105130_19362898.jpg


レトロでかわいいお手洗い
e0105130_193754.jpg

[PR]
by tmbrs-3 | 2012-10-15 19:40

タンバリンズのVocalから


by tmbrs-3
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite