One of TAMBOURINES

psalm150.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:未分類( 329 )

訪問 Ⅰ

ガン療養中の恩師を訪ねて、年末31日の礼拝後
石川県まで車を走らせ金沢に入った。
翌日元旦、そこから師が牧会されている(勤めておられる)教会まで
さらに車を走らせ、元旦礼拝に間に合った。

年末年始のみ一時退院されていた師は
なんと講壇に立っていた。
いつもと変わらない、いやそれ以上かもしれない師の語る姿に
メッセージが胸に迫ってくる。

「福音が閉ざされるべき人は
 ひとりもいない。
 たとえ地上で何人も殺した極悪人であろうと
 最後の救いの道が閉ざされることは
 決してない。
 福音とはそういうものだ。」

殺人を容認する言葉では
無論ない。
そうではなくて、人知を超える神の憐れみの深さと
その裏にはむしろ、殺人を犯していない者たちへの
メッセージも隠されているのではないか。
いわゆる「犯罪」を犯していないからと言って
言い逃れできるほど神は小さくはない。
にもかかわらず、知らず知らずに誰かと自分を比較して
あの人よりはまし、あの人ほどではない
と小さな世界の中で自分を正当化し
無意識の優越感さえ抱いていることはないだろうか。
殺人こそ犯してはいないが
完璧に聖い神の前には、皆同じなのだ。

「義人はいない。ひとりもいない。
 悟りのある人はいない。
 神を求める人はいない。
 すべての人が迷い出て、
 みな、ともに無益な者となった。
 善を行う人はいない。ひとりもいない。」
(ローマ人への手紙3:10-12)

この究極的な福音の奥深さに
改めて心を刺し通される思いだ。


(Kayoko)
[PR]
by tmbrs-3 | 2007-01-10 23:56

馬小屋の飼い葉おけの中に

キリストの降誕は、ことごとく「常識破り」だと
否、「あり得ないこと」の連続だと
つくづく思う。

臨月のマリヤとヨセフは旅の途中にあった。
住民登録をせよ、との政府の命令により
ヨセフの故郷に帰らなければならなかったのだ。
宿はどこもいっぱいだった。
ふたりが最後にやっと入れてもらえたのは
ある宿屋の馬小屋だった。

暗い、悪臭さえする、不衛生なところ。
信じがたいことに、神の子キリストが最初に寝かせられたのは
動物の餌を入れるための、飼い葉おけの中だった。
何たることか。
最も高きところにおられる方が、最も低きところへ。
最も富んでおられる方が、最も貧しい姿に。
ひかりそのものでおられる方が、闇の中に。

それは、神のみこころであった。
人は、ひとり神の前に立たされるときが来る。
神の光に照らされたなら
誰が顔を上げて立つことができるだろう。
キリストは、人が神の赦しを得ることができるように
すべての人の罪の裁きを、身代わりに受けるために
この世に来てくださった。
「クリスマス」
それは、あらかじめ十字架にかかって死ぬことが
定められた生の誕生。

クリスマスおめでとう!
神の御子なるイエス・キリストは
人を罪から救うため、そして
馬小屋のように貧しく暗い、人の心の只中に
ともに住んでくださるために
今宵、お生まれになったのだから。


「すなわち、主は富んでおられたのに、あなたがたのために
 貧しくなられました。
 それは、あなたがたが、キリストの貧しさによって富むものとなるためです。」
 (コリント人への手紙第2  8:9)

e0105130_8593048.jpg

(Kayoko)
[PR]
by tmbrs-3 | 2006-12-26 00:25

いちばん初めのクリスマス

クリスマスページェント(降誕劇)に欠かせない脇役として
羊飼いたちがいる。
その彼らがいつものように羊の番をしていたある夜・・・。

突然神の栄光があたりを照らし、天の御使いが現れて
救い主の誕生を彼らに告げた。
「あなたがたは、布にくるまって
 飼い葉おけに寝ておられるみどりごを見つけます。」
(ルカの福音書2:12)

すると、たちまち、他の多くの天の軍勢も現れて
神を賛美し、天に帰っていたのだった。

e0105130_1333126.jpg彼らは恐れはしたが、互いに話し合い
この出来事を見に行くことに決めた。
そして急いで行って、
マリヤとヨセフと、飼い葉おけに寝ておられる
神の子キリストを捜し当てた。

そして彼らは、すべてが御使いによって
語られたとおりだったので
神を賛美しながら帰って行ったのである。

羊飼いたち。
前代未聞の神の子の誕生が
最初に告げられ、招待された彼らとは
実は、当時侮蔑されるような身分の低い者たちだったのだ。

お前なんか、と人からさげすまれている人
私なんて、と自分を卑下している人
あらゆる意味において
弱く、小さく、みじめな者たちのために
この救い主は
お生まれになった。

(Kayoko)
[PR]
by tmbrs-3 | 2006-12-23 22:34

ひとりね

我が家には、来年2月に4歳になる息子がいる。
彼は、今年の春から一風変わった「幼稚園」に通っている。
その名も「生活団」という、(レトロなネーミングが素敵な)ところである。
名は体を表すと言うその名の通り、そこでは
幼児が日常生活の中で、いろいろなことを
ひとりですることができるようになることを
目標の一つとしている。
おかげで手洗い、パンツ履き、ぶくぶくうがいなどから始まり
この半年間でさまざまなことがひとりでできるようになり
親としてはうれしい限りである。
e0105130_161622100.jpg

しかし、ここに来て壁にぶち当たってしまったのだ。
それもかなり大きいやつに。
先日のお迎え時、大泣きで私のところに駆け寄ってきた息子。
一体何があったのか?けんかでもしたか?
想像が錯綜する。

「先生にね、ひとりでねましょうって言われた!」
要するに、夜お母さんに「おやすみ」を言って
ひとりで布団に入り、朝まで寝ることを言う。
ここで、3歳児にひとりねをさせることの賛否はあるだろう。
外国では赤ちゃんのときから別室で、と言う話もあるようだが。
とにかく、彼にとっては天変地異、あり得ないことのようだ。
母にとってだって、いつかは、とは知りつつも
こんなに早く?という戸惑いはある。

それから2週間ほどたっているが、一度だって実現はしていない。
「ひとりね」のキーワードを出そうものなら
激しい抵抗にあってしまうのだ。
ここはひとつ、焦らず様子をみて待つことにした。
彼の「時」が来るのを。

それにしても、我々が何の疑問もなく当たり前にしている事の中に
いかに多くの「巣立ち」が隠されていたのかと
人の成長の過程の痛みと地道さを、育児を通して改めて
再確認させられている今日この頃だった・・・。

(Kayoko)
[PR]
by tmbrs-3 | 2006-11-20 02:50

ロゴ

このブログの「ロゴ」として使っている右上の絵・・・
これ、実は「切り絵」なんです。
Kayoko友人の愛子ちゃんが、
1stCDのジャケットのためにと、タンバリンをモチーフにして作ってくれました。

ほら、よく見ると・・・・・・・・・・・・タンバリンがあるでしょ?

この下絵を見せてもらったときの感動は、今も覚えてる。
これしかない、これ以外になにがあろうか!
と両こぶしを握っちゃうぐらいの静かな感動と確信。
広がっていく音の波が聴こえてくるような感覚。
愛子ちゃんを通して、神様がプレゼントしてくれた、そう思った。

いいものは年月を越え、今もせまってくる。
私たちも、そういうものを作っていきたいね。

(Sayo)
[PR]
by tmbrs-3 | 2006-11-08 15:59

私の父は現在、圧迫骨折で背骨にひびが入り、思うように動くことができない。
また、認知症である。
この間実家に遊びに行ったら、
しばら〜くしてから「なんだ、Sayoか」と言われた(笑)
でも帰る頃には、遊びに来てくれた人(ヘルパーさん?)と思ったらしい。
「どこから来たの?」
「あの子たちはあなたのお子さん?」(あなたの孫ですよー)
「あなたのお父さんお母さんは元気?」(あなたですよー)

私が「お子さんいらっしゃるんですか?」と聞いたら、
「いや・・・僕にはいないなぁ」(爆)

ちょうどその日は、どうも彼が結婚する前の記憶の中にいたらしく、
しきりと彼の妹の名前を呼んでいた。
母や子どもたちと一緒に「主われを愛す(Jesus Loves Me)」を歌い、
まだクリスチャンではない彼が、
すべての源である神を知ることができるよう祈って、帰って来た。


人間の記憶力は不思議だね。
60年位前の記憶の引き出しがいきなり開いてしまう。
そして、他の記憶は閉まったまま。
3分前のことも閉まったまま。


そのような状態の父にもGood News(福音)が届くよう信じ、期待していきたい。
彼が真の平安を得るために。
e0105130_1432193.jpg

(Sayo)
[PR]
by tmbrs-3 | 2006-11-06 14:38

それって・・・

タンバリンズ
>> 今から約20年前(もうそんなになるのぉ?)

それって齢バレバレじゃん(笑)

そういえば、以前FMで私たちの曲が流れたときに、
DJの方がこう言いました・・・
「タンバリン入ってねーじゃねーかっ!」

「タンバリンズ」じゃなくて、
「トライアングルス」とか言われたこともあったなぁ(笑)
3人だからか?
縮めて「タンバさん」って言われたこともあったよね〜(^_^;

10年ひと昔とはよくいったものだ。
20年。ふた昔だ。

「わがたましいよ。主をほめたたえよ。 
主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。」 (詩篇103篇2節)

(Sayo)
[PR]
by tmbrs-3 | 2006-10-18 00:06

はじめまして。

・・・・・・がんばります(何を?!)

(AT)
[PR]
by tmbrs-3 | 2006-10-17 23:24

ごあいさつ。

初ブログです。
しかも個人のブログではありません。
東京のKayokoと札幌のSayo、ほ〜んのたま〜にATの3人で書きます。

生活のことや音楽のことや他いろいろ・・・。
どのようになるかはわかりませぬが、時々ふらっとお立ち寄りくださいませ。
よろしくお願いします <(_ _)>
e0105130_17475844.jpg

ちなみに、上の写真は私たち3人・・・ではありません(汗)
そういえば、3人で写真を撮ったのは・・・いつが最後かねぇ? 

(Sayo)
[PR]
by tmbrs-3 | 2006-10-17 17:55

タンバリンズのVocalから


by tmbrs-3
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite