One of TAMBOURINES

psalm150.exblog.jp ブログトップ

前進

「成長」というのは、若い時だけのもののように捉えてしまいがちかもしれない。
でも、そうではないというのが最近の実感だ。

つい先日、タンバリンズのリハーサルの中で
長年の私の不得手が改めて指摘された。
ううっ、来たか、と一瞬のたじろぐ間もなく
ATとSayoの前で「特訓」となった。
二人の助言を受けつつも、まな板の上の鯉の心境。
そして訪れたのだった・・・何かが変わった瞬間が。
その時の二人の表情で、それがわかった。

ついでにもうひとつ。
このリハで、うれしかったこと。
AtとSayoの娘Yと、私の息子Mが
仲良くスタジオの中で遊んでいた。
何やらテーブルの下を自分たちの秘密基地に見立てて。
Yが「私たちはいないものと思ってね。」と言うので
我々は知らんぷりでセッションに白熱していった。
最中、なぜか毛布にくるまって床を這い出す二人の姿には
思わず笑ったが。
何気ない光景だけど、これまでのこと(互いに離れていた)を思い返すと
こんな環境が与えられていること自体、不思議であり
神による前進の他ない。
(写真は、知らぬ間にMが撮っていたもの)
e0105130_16525285.jpge0105130_16551720.jpg












誤解を恐れずにあえて言わせていただきたい。
タンバリンズは成長している。いえ、させられている。
三人個々人も、バンドとしても。
それぞれの弱さや課題は違うけれど、
互いの関わり合いの中で、それらが明確にされ
(その時は結構痛かったりするが)
祈りの中で力を得、変化が与えられつつあるのだ。
それは自分ひとりの力で、ではなく
指摘する友、助ける友、励ます友の中で。
何よりも、それらすべての上に働いてくださる
神の力によって。

「鉄は鉄によってとがれ、
 人はその友によってとがれる。」(威言27:17)

(Kayoko)
[PR]
by tmbrs-3 | 2008-05-06 16:58

タンバリンズのVocalから


by tmbrs-3
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite