One of TAMBOURINES

psalm150.exblog.jp ブログトップ

2) 裏切り

e0105130_13355964.jpg

そのたくらみに、一躍買って出たのが
なんとイエスの十二弟子のひとり、ユダだった。

「彼をあなたがたに売るとしたら、
 いったいいくらくれますか。」
そうして、祭司長たちから銀貨30枚を受け取り
ユダはイエスを引き渡す機会をねらっていた。

イエスが十二弟子と最後の食卓を囲んでいた時だった。
「まことに、あなたがたに告げます。
 あなたがたのうちひとりが、わたしを裏切ります。」
「まさか、私のことではないでしょう。」
ひとりひとりが非常に悲しんでイエスに答えた。
ユダも同じように答えた。
「まさか私のことではないでしょう。」
イエスは彼に言った。
「いや、そうだ。」

その後、イエスはゲッセマネというところに
弟子たちと出掛けて行き、神に祈りをささげた。
これから起ころうとしているすべてを知っての
祈りだった。
そこに、ユダが登場した。
剣や棒を手にした大勢の群衆をひきつれて。
彼らは祭司長たちから差し向けられたものだった。
暗闇の中、弟子たちの中にいるイエスを
明確に彼らに示すユダの合図は
親愛の情をあらわす「口づけ」だった。

「先生、お元気で」ユダはイエスに口づけした。
イエスは答えた。「友よ。何のために来たのですか。」
直後、群衆はイエスを捕え、
弟子たちはみな、イエスを見捨てて
逃げてしまったのだった。



「あなたがたはみな、今夜、わたしのゆえにつまずきます。
 『わたしが羊飼いを打つ。すると、羊の群れは散り散りになる』
 と書いてあるからです。
 しかしわたしは、よみがえってから、あなたがたより先に、
 ガリラヤへ行きます。」(マタイの福音書26:31,32)

 
(Kayoko)
[PR]
by tmbrs-3 | 2008-04-03 06:43 | Easter

タンバリンズのVocalから


by tmbrs-3
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite