One of TAMBOURINES

psalm150.exblog.jp ブログトップ

GLOBAL WARMING

今まで故郷で見たことのない景色。
それは12月に、1月に、融ける雪。
昼間だからと言って、この時期
道路がびちゃびちゃになるなんて。


ヒマラヤ(東ネパール)の氷河
1978年            → 1998年
e0105130_1011340.jpge0105130_1012560.jpg
聞くところによると
1秒間に失われている極地の氷の面積が
サッカー場2つ分というのだから
それからすれば、当然なのだろう。
ホッキョクグマが、
夏の間は絶食せざるを得ないほどに
足場が失われ、絶滅の危機に瀕していると言うのだから
それからすれば、当り前の光景なのだろう。

しかしながら、このとてつもなく大きな危機が
どこか、遥か遠くの知らない世界で
起きているだろうことを見聞きはしても
今日の私の、この生活を侵すとは
やっぱり思えてはいないのだ。

だから、すぐさまこの快適さに別れを告げ
あえて不便さを選択し
自らの犠牲を払ってまでして
目の前の生活を変えるなど
したくはないのだ。
そうまでして、この地球を守ろうなどと
思えてはいないのだ。

『人々が「平和だ。安全だ。」と言っているそのようなときに、
突如として滅びが彼らに襲いかかります。
ちょうど妊婦の産みの苦しみが臨むようなもので、
それをのがれることは決してできません。』(テサロニケ人への手紙第一 5:3)

(Kayoko)
[PR]
by tmbrs-3 | 2008-01-16 10:23

タンバリンズのVocalから


by tmbrs-3
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite