One of TAMBOURINES

psalm150.exblog.jp ブログトップ

DNA

それ以来、私たち人類には
「罪」のDNAがしっかりと組み込まれてしまった。
意識・無意識にかかわらず
犯罪歴の有無にかかわらず
時を経る毎にぼやけるどころか
ますます顕著に、我々は神の前に等しく
「罪びと」なのだ。

「すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず、・・・」(ローマ人への手紙3:23)

聖書の神はすべての面において
「完璧」な方である。
裁きについて言うなら、神の前に
見逃される小さな罪など存在しない。
どんなに些細な(と人が思う)罪に対しても
神の裁きは全うされる。
「完璧」とはそういうものだ。

それでは、救われる者などいないではないか。
行き着くところ、断絶と絶望しかないではないか。
そうなのだ。
もし、ここで聖書の記述が終わってしまうならば。


(Kayoko)
[PR]
by tmbrs-3 | 2007-05-02 21:37

タンバリンズのVocalから


by tmbrs-3
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite