One of TAMBOURINES

psalm150.exblog.jp ブログトップ

意思と選択

e0105130_9411767.jpg女がまず食べた。
蛇の惑わしに乗せられて。
男は、その女からもらって
同じく食べた。

ふたりは直ちに死んだのか?
いいえ。
ふたりの目は開かれ
彼らは自分たちが裸であることに気付き、イチジクの葉で腰をおおった。
羞恥心のはじまりであった。

では、神のことばは単なる脅しだったのか。
蛇の言うように、人が神のように賢くなるのを
防ぐための。

「死」とは分離を意味する。
私が死ぬなら、たとえ血を分けた我が子であっても
この世での再会の道は断たれる。
この世における完全な分離である。
同じように、「食べるそのとき、あなたは必ず死ぬ」とは
神からの完全な分離、を言う。

最初の人アダムとエバは
神への不従順の結果として
それまでの神との親密な関係を
完全に断たれてしまった。
しかし、
それは彼ら自身の意思と選択によるのものだった。
確かに蛇は惑わしたが、
強いたわけではなかった。
彼らに選択の余地は、十分すぎるくらいにあった。
神からの明確な警告。
満たされていた食欲。
満たされていた住環境。

私たちには、自由意志が与えられている。
何を選択しても自由である。
しかし、それに伴う結果まで
自分で選択することはできない。
なぜなら、人は蒔いたものは
必ず刈り取らなければならないのだから。

「罪から来る報酬は死です。」(ローマ人への手紙6:23)

(Kayoko)
[PR]
by tmbrs-3 | 2007-04-28 01:34

タンバリンズのVocalから


by tmbrs-3
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite