One of TAMBOURINES

psalm150.exblog.jp ブログトップ

子どものように

昨夏、Sayoのお父さんをお見舞いした。
約10年振りの再会だった。

ご病気のせいで、私の事は覚えておられなかったが
その笑顔はちっともお変わりなかった。
私とATの手を交互に握り締め
満面の笑みで「どこから来たの?よく来たねぇ。」
2人のお孫さんたちをご自分のベッドの上に上げ
本当に嬉しそうにしておられた。
ひと時の楽しい時間だった。

そして、皆で賛美歌をいくつか歌った。
Sayoのピアノに合わせて。
「いつくしみ深き」を歌った後、お父さんは天井を見上げて
「ああ、なつかしいなあ!」とおっしゃった。
「近くに教会があってね。先生が来なさい来なさいって言ってくれてね。
 でも、ぼくは行けなかったなぁ。」と幼少の頃の記憶や
奥様がご自宅でよく歌っておられたことなど
話してくださった。

続いて、「主われを愛す」を歌った直後のことだった。
突然、お顔を崩して「行きたかった!」とおっしゃるなり、
お父さんは泣いておられた。
私たちは驚いた。
お母さんとSayoは長くクリスチャンであったが、
お父さんがそんな風に思っていたとは、
彼女たちも、そしてATも私も、一度も聞いたことがなかったからだ。

e0105130_10281562.jpg「イエスさまはね、
お父さんといつも一緒にいてくださるよ。」
キリストについて短くお話した。
お父さんはうなずいて聞いてくださった。
最後に、「一緒にお祈りしてもいいですか?」
とお尋ねすると
「はい、お願いします。」と目を閉じられた。
祈りの終わりに、お父さんは
「アーメン」と言って
心を合わせてくださった。

Sayoから以前聞いていたお父さんは
確かに、厳格な面を持っておられたようだ。
それは、大正生まれのご長男だったからこそ
また、社会的にも重責を担って来られたゆえの
人一倍強い責任感によるものだったのかもしれない。

でも、この日のお父さんは、まるで幼子のような目をしておられた。


帰る道、ふと思い出した聖書の言葉があった。

「まことに、あなたがたに告げます。
 あなたがたも悔い改めて子どもたちのようにならない限り、
 決して天の御国には、入れません。」
 (マタイの福音書18:3)

(Kayoko)
[PR]
by tmbrs-3 | 2007-02-05 16:46

タンバリンズのVocalから


by tmbrs-3
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite