One of TAMBOURINES

psalm150.exblog.jp ブログトップ

忘れないために

「ホクミン」のチャリティライブ・報告祈り会に行って来ました。
遠藤師のソプラノサックスの調べに、被災地への祈りを合わせながら聴いていました。
そして、岩手のクリスチャンボランティアのコーディネーターである
大塚師、近藤師からスカイプによる現地報告がありました。

最近、仮設住宅を訪問すると、こんなことを言われるそうです。
「次、来る時は何にも物は持ってこなくていいから、また来てほしい。
 来てくれるだけでうれしい。」


震災元年。あれから11ヶ月目に入り、時が経過しても生活の基盤が回復しない中
周囲から忘れ去られることへの不安が増してきているとのことです。


私たちは基本的に自己中心です。だから、
被災しなかった私たちは、普通にしていたら忘れます。
ただでさえ、自分の生活の中に色々あります。
忘れるのはとても簡単なことです。
ではどうしたら忘れないでいられるでしょう。
関わり続けるしかありません。
どんなに小さなことでもいいから、自分にできることを探して
それをし続けることです。
し続けることで、私たちは少なくとも、忘れずにいることができます。


私自身は、昨年の11月に教会のチームで岩手県宮古・山田町・釜石を視察してきました。
教会としてできることを考えて、これから一歩踏み出します。
手探りです。
それが被災地の方に役に立つでしょうか?
わかりません。
でも一歩ずつ踏み出し続けるしかありません。
忘れやすい私は、もしかしたら自分自身のためにやり続けるのかもしれません。
それでも、
それを神さまが用いてくださることだけを期待して、踏み出し続けます。
決めたところを目指して。

e0105130_11353454.jpg

岩手県山田町の駅のホームにて。'11.11月
[PR]
by tmbrs-3 | 2012-01-23 11:46 | 震災支援

タンバリンズのVocalから


by tmbrs-3
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite