One of TAMBOURINES

psalm150.exblog.jp ブログトップ

ドラマ;ファミリー登山 Ⅱ

旭山公園登山口から登り始めて数分。
おかしいな、やけに険しいぞ・・・。
道幅も狭いし、前回とは随分違う気が・・・。
息はあがるし、子どもたちもブーブー。

あちらのコースでは道すがら
あんなに頻繁にすれ違っていたのに、
相反して人影も少なく
たまに会う人は妙に達人ぽい。


しばらくしてふと立ち止まると、見晴らしの良いところ。
休憩しながら景色を見ていると、後ろから登って来た方が
しばらくして引き返して行った。
・・・ひょっとして、ここ、旭山の頂上だったりして?!
e0105130_2085211.jpg

しかも、はるか向こうに見えるのは、まさかの藻岩山頂上!
(只今展望台工事中につき、頂上に見える大きなクレーンで判明)

そのあとは、見事に下りが続き・・・
もしかして下山してる?
どうやら、ひと山越えて藻岩山に続くようだ。
「せっかく登ったのに下りてる~~!」
さすがに子どもたちも気付いたようだ。
「もう、もどろうよ~~」
ブーブーに拍車がかかる。

「これからは「やだ」とか否定的な言葉は禁止!
 言った人は罰ゲームだからね!」

それ以降ふんばる子どもたち。

「あと少し!”馬の背”で繋がってるはずだから・・・」


子どもたち;「ってことは帰りもまたこの道をもどるってこと?」
大人たち;「そんな先まで考えないの。とりあえず、”馬の背”くらいの先までにしておこう。
       人生もさ、あんまり先々考えてもよくないんだよ、ちょっと先くらいね。」
子どもたち;「いつもは”先を考えて行動しなさい”って言うくせにぃ」
大人たち、苦笑。


やっとの思いで”馬の背”到着。
すでに頂上到着相当の達成感あり・・・。
ナッツとチョコと水分ですばやくエネルギー補給。
根が生える前に再スタート!
ここまでくればあと一息!と自分達に言い聞かせ。



そこから少し行ったところで、すれ違いざまに「こんにちわ~」
ん?なんか聞き覚えのある声。
あー!
見ると、息子たちの一つ下の生活団卒業生、Wさん家族とばったり!
「子どもが藻岩山登りたいって言うもんで・・・」とWさん。
やっぱり、幼児体験はその人の血肉となるのね、恐るべし。

思いがけない再会で勇気と活力をもらい
最後の岩肌を登り切り、ついに頂上到着!

e0105130_2095456.jpg

この12月展望台リニューアル・オープン予定ですよ~。
ロープウェイもリニューアル、楽しみ。

それにしてもおにぎりの、めっちゃうまかったこと!

さてと、しっかり食べて一息入れたて、いざ下山!
(朝、冷蔵庫に忘れたパウンドケーキの悔しかったこと・・・)
e0105130_20103647.jpg


登山は人を成長させる何かがあるようだ。
あんなに不平不満タラタラだった子どもたちも
下山では、枯れ枝を拾っては杖に見立てて、物語の主人公さながら
いかにも楽しそう。
大人たちも、もう決して若くない身体に鞭打つ快感さえ?



山は登って下りるだけ。
至って単純、何の生産性もない。
けれど一度登り始めたら、誰も途中で投げ出せないゆえに目覚める
底力のなせるわざなのか、
平地では味わえぬ爽快さがある。
だから人は山に登るのか。

これって人生に似てるかも。


下りても下りてもまだまだ続く山道。
1キロが10キロにさえ感じる山道。
それでも、ゴールはちゃんと来る。

これも人生に似てるかも。

登山口に到着し、思わず両手をあげて「やったーー!」をしたのは
大人たち。
子どもたちは感動もよそに、違うことに遊びだす、これまたスゴイ。
と、にわか雨が!
「天気雨だから虹が見えるかもね」
急いで旭山公園の噴水広場へ。


e0105130_20111397.jpg


札幌市内に架かる虹の大橋。
虹の袂の両端を見たのは、もしかしたら初めてかもしれない。
それにしても、何と言う絶妙なタイミング!

これも、もしかして人生か?

神さま、ありがとう!!
[PR]
by tmbrs-3 | 2011-09-28 21:44

タンバリンズのVocalから


by tmbrs-3
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite