One of TAMBOURINES

psalm150.exblog.jp ブログトップ

できることは

ホロから数日後の7月30日に
被災地支援チャリティ・ライブにタンバリンズも出させていただきました。
コパンとナイトdeライトとの平野さんと一緒に。
ホロと東栄キリスト教会主催による第2回目のチャリティ。


コパンの、その日常の生活から紡ぎだされる真実な音が
心の琴線に、風のように触れる心地よさに思わず目を閉じていた。
聴いている者の弱さを、そのまま包むような音。
いつまでも聴いていたいと思う音。
気付くと涙が流れていた最後の曲は、讃美歌「主の手にひかれて」。

次いで、平野氏のパッションあふれるボーカル&ギターと
普段はドラム担当のみちやさんのカホン。
二人しかいないのに何だ?この躍動感は!
聴いているだけでなんだかうれしくなって勇気が湧いてくる。
若さはまさに賜物。
10年後は一体どんな音を聴かせてくれるんだろう?



バザーは心のこもった手作りのものや、こだわりの商品、とれたて野菜など
どれもこれも買いたくなって困ってしまうくらいでした。045.gif

この日の収益は11万円ほどになったそうです。
すべて被災地の必要のために使われます。
ご参加くださったみなさま、心から感謝します。040.gif040.gif

e0105130_2131529.jpg

片づけが終わってしばし語らうコパンとタンバリンズ&マネ子。

私たちは一人では何もできないけれど、みんなで集まって
自分達のできることをそのまま差し出すなら、「何か」 ができる。
震災から時が経って今思うことは、忘れずに継続して
関わっていくことの大切さ。
大げさにするのでなく、でもその時にできる精一杯で。



e0105130_2143950.jpg

その夜からしょうこさんとかずおくんが我家にお泊りしてくれました。
みちおは兄弟ができたみたいで大喜び。
[PR]
by tmbrs-3 | 2011-08-09 23:08

タンバリンズのVocalから


by tmbrs-3
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite