One of TAMBOURINES

psalm150.exblog.jp ブログトップ

現実

東京都在住の主人ことまっちゃんが
この日曜日、知人たち3人で被災地を訪れた。
まっちゃんの母方の親戚一同が福島県在住で
安否はわかっていたものの、直に顔を見にということもあり。
同行した知人のうちの一人は70代の方で、阪神大震災も体験された方。
自分たちの国でこれだけのことが起きているのに
実際にこの目で見てわからなくては始まらない、と言い出されたとのこと。


親戚のところは、その時も余震はあったものの
被害はほとんどなかった。
しかしながら東北沿岸部のあまりの被害の大きさに
皆、ことばを失ったそう。
ここひと月以上にわたる連日の報道で「知っているつもり」になっていたのと
その現実とのひらきに
ことばには表すことのできない思いを抱いたそう。
映像で「知っていた」、というのはリアリティーが全く欠如していた、
現実はそんなものではない、
この状況を前に、一体誰が「がんばれ」と言えるのか、と。


帰ってきて、まとまらない気持ちを電話越しに伝えてくれ
一体これから自分が何をすべきなのか
これから考えたいと話していたまっちゃん。
現実をまだ知らない私にもその「何か」が伝わり
もう一度奮い立たせられた思いだった。
私にできることは。
私がすべきことは・・・。

受難週に。
[PR]
by tmbrs-3 | 2011-04-18 18:11

タンバリンズのVocalから


by tmbrs-3
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite