One of TAMBOURINES

psalm150.exblog.jp ブログトップ

老化

「先生、白髪ヤバいよ、目立ってきたよー」
あんたたちのせいだからねー。044.gif
「えー、なんでー」
言うこと聞かないからでしょー。013.gif
「そんなことないじゃーん、ねー、先生染めなー」
絶対染めないよっ、真っ白になってやるぅ021.gif

ま、半分冗談として。
にしてもここんところの白髪の増殖(とは言わないか)ぶりはスゴイ、メッシュかっていうくらい。
かと言って、一度染めたら半永久的に続けねば、と思うと
不精者にとっては二の足を踏むところ。
この際どこまで増え続けるのか見届けてやろう、なんてね011.gif

でもそれ以上に来てるのが、「老眼」
20代で受けた視力検査では、確かに宣告されていた。
目が良いので老眼は早いだろう、と。
いまだに裸眼1.5あるし・・・。
新聞を読むとき、聖書を読むとき、文字を読むときは無意識に45~50センチは離している。
それ以上小さい文字は、精神衛生上読まないことにしている。


白髪にしろ老眼にしろ、具体的な「老い」を
これからもっともっと体験させられていくのだろう。
そうやって色々なことができなくなっていくのだろう。
だけどそのことに悲壮感はない。
それまで無意識に「自分でできている気になっていた」ことが
そもそもそうではなかったことに、いちいち気付かされるのだろう。
そうして、それまで与えられていたことに、もっと感謝することができるような気がしている。
当たり前にできているときは、わかろうともしなかったことや人に
もっと寄り添うことが、できるようになる気がする。
[PR]
by tmbrs-3 | 2011-02-07 18:33

タンバリンズのVocalから


by tmbrs-3
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite