One of TAMBOURINES

psalm150.exblog.jp ブログトップ

思想しつつ 生活しつつ 祈りつつ

これは、私が所属している「友の会」のスローガン。
いままでは あまり深く考えたこともなかったけど。
ここにきて、この言葉の意味すること、深さにうなずく今日この頃。



去る12日(日)、今年最後のタンバリンズライブが終わった。
遠くから近くから、雪の中、色々なご事情を脇において
わざわざ足を運んでくださった方々
陰で祈っていてくださった方々
準備してくださった札幌聖書キリスト教会の方々
そして、用いてくださった神さまに心から感謝します。

ライブ翌日の朝、指導者をさせてもらっている「幼児生活団」の
後片付け(冬支度)に出掛け
子供たちが外遊びで使ったスコップだの
如雨露だの、道具入れの木箱だのを外で水洗いしながら
平常心に少しずつ戻っていく自分。
無心に洗いながら、ただの小さな自分に戻っていく時。
そこに、タイトルのこの言葉が浮かんだ。

やっぱり「生活しつつ」だよなぁ・・・。
生活を追いやり、思想だけに燃えるなら
それは「絵に描いた餅」
独りよがりの「慈善活動」
いつしか自分が何者かのようになってしまう。
けれども、生活しつつ。
それは誰の目にもつかないような
誰も評価してくれないような
小さなこと、かもしれない。
けれども、生活の場こそが「隣人を愛しなさい」という
神様が私の生活の中に、いつもそこに置いてくださっている
一番身近な家族や友人知人への愛の実践の場。

その上に、私の歌がいつもありますように。
歌が私を追い越して行きませんように
祈りつつ。

e0105130_11481418.jpg







つめたい水で砂を洗い流しながら
そう思った。
[PR]
by tmbrs-3 | 2010-12-17 12:00

タンバリンズのVocalから


by tmbrs-3
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite