One of TAMBOURINES

psalm150.exblog.jp ブログトップ

酷暑!関東紀行part 2「大道芸スピリット」

おかあさん、まっちゃん、そして息子の3人が、井の頭公園お馴染スワンのボート(ペダル式042.gif
に乗っている間、私は散歩でも~、と歩いているうちに、
ある大道芸人のパフォーマンスにいつの間にか見入っていた。

初めは3人の母子だけだった。お嬢ちゃんのリクエストに応えるべく
うさぎの切り絵をしていた。
「ウサギに見えてきたら拍手してね」
幼子たちのかわいい拍手。
「この次はちょっと難しい竜です。」
数人が立ち止まる。
「10人集まったら、もっと難しいことをします。」と軽く予告。
竜完成、拍手。
少し離れた所で見ていたカップルにも
「あのー、もう少し近くに寄ってくださると”盛りあがってる感”が出るので・・・」
 はにかみながら近寄るカップル。
「あと10人集まったらもっと難しいことをします!
 お時間のない方は、ここでどうぞ遠慮なくお帰り下さい。」
誰も帰らない。

ここで木の鍬を取り出し水の入った湯呑を用意。
「鍬を回転させても水はこぼれません。どうぞ好きな所に置いてください」
と観客を巻き込んで、観客の”参加してる感”を演出。
「さあ行きますよ~。でもちょっとコワイなぁ・・・そこの方、少し離れて下さい!」
”見てみたい感”を演出。
回転、成功、拍手。
「次の芸は師匠には30人集まらないと始めちゃいけないって言われてるんですけど
 今日はこの暑さの中お集まりくださったので20人でやります!」
”今日は特別!感”を演出。
「成功したら盛大な拍手をお願いします!」
ラジカセからBGMを流し、雰囲気を盛り上げて

「ハイ!」
e0105130_1251372.jpg
(ボール→湯呑→升の順に回していく)
拍手!その拍手でまた集まってくる。

「次はもっと高度な技をしたいと思いますが、途中で帰る方がいたら
 やめます、見たいですか?」
ここまで来れば、ハートは掴んだ、だれも帰らない。
この時点で観客はざっと30人。
すでに”連帯責任”でひとつにさえなっている。












「では行きます!ハイ!」(扇子の上で駒回し!)
e0105130_1383063.jpg












フィナーレはこれ(刀の上で駒回し、先端止め!)
e0105130_13132014.jpg

最後に
 「私、この大道芸に誇りを持って日夜精進しておりますが
 家に帰れば7か月の娘の父親です。
 ミルク代くらいは持って帰りたいと思っています。
 どうぞ、お気持ちのある方は、よろしくお願いします!
 どこかのサービス券でも結構です!」と籠を用意。

何も入れないで帰る人などいなかった。
”不特定多数”相手に短時間でこの求心力005.gif
あっぱれ!
[PR]
by tmbrs-3 | 2010-08-11 13:29

タンバリンズのVocalから


by tmbrs-3
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite