One of TAMBOURINES

psalm150.exblog.jp ブログトップ

秋の楽しみ

2週間ほど前の、私の部屋の窓から見える紅葉。

e0105130_197031.jpg


息子:「どうしてはっぱはあきになるとこうようするの?」
私:「ただ枯れるんじゃさびしすぎるからじゃない?」

そう応えた後、改めてどうしてだろう?、と考えてみた。

木はよく人生に喩えられる。
新芽の初々しさ、新緑のすがすがしさ、深緑の勢い、
紅葉の鮮やかさ、落葉のはかなさ。
一本の木が、一年を通して見せる姿の変化に
人生のその時期その時期を見るかのようだからだろう。
どの時期にも、その時期にしかない美しさがあるけれど
散り際の紅葉が、格別に人の心を捉えるのはなぜだろう。


私もいつか葉を落とし、枯れ枝になる時が来る。
散り際が、こんなにも輝くことができるのなら
それも悪くない、いやむしろ希望だ。
そう思えたとき
創造主のあわれみ深さを、想った。

e0105130_1971480.jpg



(佳代子)
[PR]
by tmbrs-3 | 2009-10-28 19:08

タンバリンズのVocalから


by tmbrs-3
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite